老後のパートナー探し

結婚相談所東京 老後

結婚したから30年になる妻が、癌を患って闘病生活を経てから亡くなってしまい、悲しみを忘れるために働いていた会社も60歳で定年退職する事になりました。

仕事を辞めると広い家の中で、一人で過ごすのは寂しかったので、この齢になってから老後のパートナーを探し始めました。

どうやって出会えばいいのか解らなかったので、近所のカラオケ教室に通いましたが、全員既婚者だったので出会いは全くありませんでした。

暇なので、自宅のPCでネットサーフィンをしていると、個人ブログに70歳を過ぎてから再婚した男性の書き込みがあって、女性と出会うきっかけになった高齢者向けの結婚相談所に興味を持ちました。

高齢者向けの結婚相談所の口コミや体験談を調べても、別にいかがわしい所が無く、評判が良かったので、サービスの説明会に行ってみる事にしました。

説明会の会場には、100人以上の男女の参加者が来ていて、意外と寂しい思いをしている人が多いなと自分だけじゃないん事を知って、気が楽になりました。

進行役のスタッフさんの説明を聞いて興味をもったので、登録書類をもらって帰り、じっくり考えて入会しました。

入会後に、担当のサポートスタッフさんから連絡が来て、ボーリングを通じて親睦を深めるイベントや、ハイキングを通じて仲良くなるイベントなどの紹介を受けたので、ボーリングは得意だったので参加しました。

当日は、男女32名の参加者がいて、くじ引きで男女でペアを組んでボーリング大会が行われました。

始めはよそよそしかったけど、ボーリングで盛り上がってくると、相手の女性と親しくなって、大会終了後に参加者の数名とカラオケ喫茶に行く事になりました。

カラオケもお互いで好きだったので、デュエットの曲を歌っていくうちに、より仲が良くなって、またデートに行く約束をしました。

それから、何度もデートを重ねていくうちに、親密になって行き3か月の同棲生活を経て入籍しました。